激安な垂れ幕関連情報

HOME垂れ幕の最安値は平均いくら?

最終更新日:2017/11/20

垂れ幕の最安値は平均いくら?

緑の垂れ幕

薄くて軽くて丈夫というのが垂れ幕のメリットです。
普通の看板は重くてコストがかかりますし、何より劣化しやすいですが、垂れ幕は使わなくなれば、くるくると丸めてしまっておけば、スペースを取ることもありません。
もともとが一枚の布ですから、垂れ幕自体が恐ろしく高いということはありません。
それなりに安いところであれば130×180センチで1万円いかないところも存在するくらいです。
とにかく安さ最優先で垂れ幕が欲しいのであれば、こういった業者を狙うといいでしょう。
しかし、一口に激安の垂れ幕と言っても、あまり品質の低いものでは意味がありません。
一回しか使わなければそれでも構いませんが、例えばお店の宣伝として入り口前に継続的に設置するなら、長期間の使用に耐えるものでなければいけません。
垂れ幕に使われている素材は大きく分けて、トロマットとターポリンの2種類があります。
トロマットは安価ですが、その分耐久性が低く、ターポリンはやや値段は上がりますがとても丈夫な作りとなっており、テントに使われることもある素材です。
以上を踏まえると、やはり低価格なものにいきなり飛びつくのではなく、自分がどういった場面で垂れ幕を使いたいのか、よく考えてからのほうがいいでしょう。
先ほどの一万円くらいで作れる業者の垂れ幕というのは、大抵トロマットである可能性が高いです。
ターポリン製ならもう少し値段が上がると考えていいでしょう。
しかしこれは普通の業者の話です。
垂れ幕の激安の店であれば先ほどと同じくらいのサイズで3,000円いくかいかないか、丈夫なターポリンでも8,000円ちょっとで作って貰うことが可能になっています。
このターポリンは、風通しをよくして膨らまないようにするメッシュ加工のものでも値段が変わらないところもあります。
それだけ安い価格設定でありながら、棒を幕に通すための加工や、ヒモをくくりつける穴をつける加工も料金込みになっているところもあり、総合的なお得感はかなりのものです。
これだけでも充分ユーザーのことを考えていると言えるのですが、こういった優良業者は割引クーポンを提供していることもあります。
どの素材が割引になるのかは時期にもよるのですが、トロマットが20%オフになったり、送料が無料になるといった嬉しい特典となっているので、急いで購入する前にクーポンが配布されていないかどうか、チェックしておくのを忘れないでください。
以上、垂れ幕の相場について語ってきました。
いかがでしたか?通販サイトを選ぶ時は、ここで書いた値段を参考にしてください。

一覧はこちら

激安な垂れ幕ランキング

TOP