くき茶とはどんなものか解説します

日本のお茶は美味しいというだけでなく、健康にも良いと言われるさまざまな効果があります。そして、そんな緑茶の中には「くき茶」と呼ばれる種類のお茶があります。これはお茶の仕上げ過程で選別機によって茎だけを抽出して作られたお茶で、玉露の場合は「かりがね」と呼ばれています。このお茶は緑茶なので、健康に良い効果をたくさん持っています。また、その一方で普通のお茶に比べてさっぱりとした味で、独特の甘い香りを楽しむこともできます。ここでは、このようなお茶に関する情報に関して、その特徴や効能などを紹介します。そして、お茶好きの方やお茶に興味を持っている方々が、さまざまなお茶の種類の中から選ぶときにできるだけ参考になるようなことを書いていくつもりです。

こんな特徴を持っているお茶です

くき茶は茎の部分だけを選別してできたお茶です。そのため、他のお茶に比べると苦みが少なく、お茶の苦さが苦手な人でも気軽に楽しむことができます。お茶の茎の部分には、旨味成分と言われるテアニンが葉の部分より多く含まれています。テアニンは光合成によって苦み成分であるカテキンに変化しますが、カテキンにはコレステロールを減らしたり、認知症を予防するなどの貴重な効果があります。また、くき茶では高級茶である玉露などの茎が使われる場合もありますが、この場合は同じレベルの葉に比べて安い値段で購入できます。そして、味の方は高級なお茶の味を残すと同時にすっきりとした味わいを楽しむことが可能です。なお、このお茶の淹れ方については、特別な注意点はなく、それほど神経質にならずに気軽に淹れて飲めるので、これもメリットの1つと言えるでしょう。

このお茶の持つ効果にはこんなものがあります

このお茶には、体を作ったりさまざまな機能を促進するアミノ酸がたっぷりと含まれており、効果的な健康維持に役立つと考えられます。また、緑茶自体にもさまざまな効果があるとされています。緑茶の持つ効果としては、抗菌や疲労回復、糖尿病やがん、インフルエンザの予防など、体の健康にプラスになるようなものがたくさんあります。さらに美肌などの美容効果、ストレス解消などの精神面での効果も期待できます。くき茶は飲みやすいお茶なので、気軽に飲むことができ、緑茶の栄養素を効果的に摂取することが可能です。お茶には多くの種類があり、それぞれに魅力がありますが、このお茶のメリットは大きなものなので、特に緑茶を飲んでみたいと思ったときは、選択肢の中に入れてみることをお勧めします。

テレビでも何度も取り上げられており、そのたびに多数お問い合わせ、ご注文をいただいております。 税込5,400円以上のご購入で、季節のプレゼントも差し上げます。(内容は季節によって異なります。) 静岡県掛川市は、男女ともにがん死亡率の低さ全国一です。 モンドセレクション最高金賞まで選ばれた、最高の茶師による最高のお茶を、ぜひ1度お召し上がりください! さっぱり後口「くき茶」がオススメ